実習採用

先輩の声  実習について  採用について 
*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・・*

職員学生の皆さんへ

龍の子幼稚園は幼児クラス・乳児クラス・未就園児サークルや親子登園を中心の満3歳児クラスと多様な運営をしています。
性格や個々の特性に合った配属が可能ですので、どなたでも無理なく勤務できます。
令和2年度は6人の新任職員が仲間に入りました。乳児クラス・満3歳児クラス・幼児クラスと配属されていますが、「自分の性格にぴったりのクラス担当になりうれしい!!」との感想をもらっています。
園児・父母・職員の誰もが笑顔の幼稚園。
そんな龍の子幼稚園の仲間に加わりませんか?!

令和2年度 園長 座光寺 明

 

職員出身大学

浜松学院短大・常葉学園短大・東海大短大・浜松学院大学・浜松大学・聖隷クリストファー大学・豊橋創造短大・江南女子短大・愛知学泉女子短大・岡崎女子短大・岐阜女子大・明治大学・筑波大学・玉川大学・学習院大学・名古屋文化専門学校・姫路学院女子短大・東洋英和女学院短大・日大短大

本園の伽帆先生 掲載! 幼稚園の先生になろう 夢をかなえた先輩たちからメッセージ (静岡県私立幼稚園振興協会)

豊橋創造大学にて園長「幼稚園教諭・保育士としての心構え」講演(H27.1.14)
現役幼稚園教諭と大学生の座談会(H26.1.10)

<ページトップへ>

 

先輩の声

【1年目職員インタビュー動画】

3月に学校を卒業し、4月から先生になった6人の新人の先生達にインタビューしました。皆さんの気になっている部分や、龍の子のことを知ることができます。それぞれ園内のお気に入りの場所で撮影指定しているので、ロケーションにも注目です。(本動画は6月の学生フェア用に製作しました)

DSCN2761のコピー

【豊橋創造大学短期大学部】

龍の子幼稚園の職員になって今年で6年目になります。
私は幼い頃から幼稚園の先生になりたいと思っていました。初めて龍の子幼稚園に実習に来た時に「こんなすてきな先生になりたい」と思ったのを今でも覚えています。子どもの心と向き合う保育の大切さを丁寧に教えて下さったり、いつでも同じ気持ちでアドバイスをくれる先輩がいたから、保育の土台が出来、自分らしい保育が出来るようになりました。子どもと共に日々、自分も成長し、憧れていた先生の姿に少しずつ近づいているように思います。子どもたちの成長を心と身体で…そして1番そばで感じる事の出来る素晴らしい職業です。
今年で3回目の年長担任。幼稚園生活の最後の1年を一番近くで一緒に過ごせることがとても幸せです。卒園しても「先生大好き!」と、駆け寄ってきてくれる子どもたちを抱きしめるたびに、幼稚園教諭になって良かったと、感じることが出来ます。この思いを忘れず、これからも子どもたちと、関わっていきたいです。

 

【浜松学院大学短期大学部卒】

「幼稚園生活最後の1年が先生で本当に幸せでした」昨年度の卒園児の保護者から、こんな素敵な言葉を頂きました。
龍の子幼稚園に勤め6年目。これまで年長の担任として94名の子ども達を小学校に送り出しました。
毎日感じる子ども達からの『先生大好き!』の気持ち、そして1年を終える毎に頂いた感動は言葉に出来ません。一人ひとり願いを込めて大切に関わった3年間があるからこそ味わえる喜びです。「先生に会いに来た」と訪れてくれる卒園児の逞しく成長した姿が今年も私をやる気にさせてくれます。

<ページトップへ>

 

実習について

龍の子幼稚園は、実習生大歓迎です。理由は2つあります。
1つ目は、いっぱい遊んでくれる若い学生のお兄さんやお姉さんを園児は大好きなのです。
特に、龍の子幼稚園園児は人なつこくて、すぐに自分の方から寄ってきますよ。
子どもと遊ぶことが大好きな学生さん、お待ちしています。
2つ目は、実習生を担当した教員が指導することを通して、教員自身が様々なことを再確認できるからです。
そのことが教員の成長に繋がります。インターンシップ1インターンシップ 本実習だけでなく、インターシップ・ボランティア実習もお受けします。
まずは、お電話ください。(龍の子幼稚園0538-35-5144)
または、当サイトのお問合せより送信してください。

<ページトップへ>

 

採用について

求人票
採用試験はR2.7月後半〜を予定しています。
ただ、短い時間での試験で全てを判断するのは難しいので、インターシップ・ボランティア実習をされた方は、
良かった所を試験の点数に加点させていただきます。

園児が意欲的で子どもらしく
父母は協力的で理解者が多く
職員間が非常に友好的な 龍の子幼稚園に
まずはご来園ください。

現職幼稚園教諭と大学生との座談会(浜松学院大短期大学部にて:H26.1.11中日新聞掲載)

20140111c3

司会進行:座光寺園長、当園から先輩教諭として中川先生が参加しました。

<ページトップへ>