危機管理

防災・非常時の対策

訓練

火災・地震時の非常時に備え、毎月1回、全園児・職員による避難訓練を実施しています。

地震訓練…地震警報装置「デジタルなまず」を使用しての訓練をしています
揺れの到達までに適切な避難行動をとる一次避難をし、
その後、全員が防災頭巾・ライフジャケットの着用しての二次避難の訓練をしています。

火災訓練…避難後に職員による消火訓練をしています。

 

地震対策

地震警報装置「デジタルなまず」を設置しています。
震源地より園周辺へ揺れが到達するまでの時間(秒)および予想震度が一斉放送されます。
また、屋上が津波避難所として使用できるようになっています。

 

非常時対策

事故や火災などもしもの時のために、警察と消防署への緊急通報装置が設置されています。
施設内に貯水槽・太陽光発電が設置されており、発電機および乾パン等の食糧の備蓄も常備しています。

 

緊急時対策

AEDを設置しております。職員はAED操作、緊急蘇生法の講習を受けています。

 

防犯対策

来園者の名札提示をお願いし、外部者の侵入の確認をしています。
さすまた・カラーボールを常備し、防犯カメラを設置しています。

 

非常災害時

災害時には、休園となる場合があります。保育中も状況に応じて、お迎えをお願いすることがあります。
その際は、緊急メールシステムまたは緊急連絡網にてお知らせします。